FC2ブログ

記事一覧

カネに目がくらんで魂を悪魔に売った人達

違法残業をめぐって労働基準法違反罪に問われた広告大手「電通」の事件の判決がありました。「企業の目的は利潤の追求」であってボランティアではない・・・って、新入社員の時に言われたことがあります。

日本の景気は自動車メーカーの状況と大体比例するのですが、今は少子高齢化時代。介護や医療ビジネスを買い!と思っている方も多いのでは、と思います。でも、ここでも紛れもなく「目的は利潤の追求」であり、「利潤を追求している経営者」でも人格者(?)となり、従業員にはボランティア精神でサービス残業を強いられる・・・のが本当の現場の姿。

医療機器メーカーだからってクリーンルーム持っているとか、滅菌しているとか・・・思い込んでいるのは、危険です!

さらに面倒なのは悪魔と取引した従業員もいることです!
スポンサーサイト

応援をお願いします

プロフィール

サイトーテック

Author:サイトーテック
食品メーカーにて生産技術に携わりながら厚労省HACCP承認を経験。その後、信州・佐久の老舗歯科用医療機器メーカーで製品開発・退職。食品衛生・医療機器安全・労働安全衛生を絡めた「ものづくり」の裏方である生産技術一筋二十数年。一芸より多芸を求められる人間から見た「ものづくり」論。

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
1162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
286位
アクセスランキングを見る>>