FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックの神様 その1

北の将軍様の例に見るように組織のトップは『神』となる必要があります。畏敬の念を下層に抱かせることによりトップとしての威厳を保てるからですね。

日本の高度成長期は会社トップと言えば「神ってる」のが基本でした。「ものづくり」の世界で他社に無い製品を世に出した方々でした。その後は金融機関や株主の力が強くなったこと、「技術に頼って経営や営業ができない」なんて主張が幅を利かせて会社トップに「神ってる」方は本当に少なくなりました。会社が大きくなると資金を外部に求めなければなりませんので、金融機関や株主指名の「現場知らず」の雇われ経営者が就く例が増えていますね。

こういう経営者の増加が今の日本経済を象徴しているように思います。日本には「神って無い」神様が増えてしまったってことですね。そして「神って無い神様の王道」は経費の圧縮!

手(検査)を抜けることは手を抜こう!
不良は特別採用で製品にしよう!

そして、それらの結果として、今、不正がニュースになっている訳です。神は神でもブラックの神様!

一番闇に葬り去られているのが、従業員の取り扱い。顧客やユーザーに迷惑を掛けるのは怖いが、自分の部下なら何をしても構わない。何せ自分は『神』だから!

・・・という訳で話は続きます。
スポンサーサイト

応援をお願いします

プロフィール

サイトーテック

Author:サイトーテック
食品メーカーにて生産技術に携わりながら厚労省HACCP承認を経験。その後、信州・佐久の老舗歯科用医療機器メーカーで製品開発・退職。食品衛生・医療機器安全・労働安全衛生を絡めた「ものづくり」の裏方である生産技術一筋二十数年。一芸より多芸を求められる人間から見た「ものづくり」論。

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
954位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
239位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。