FC2ブログ

記事一覧

ブラックの神様 その2

とうとう新幹線の台車まで・・・さてさて。

物事の白黒をはっきりさせるには基準が必要ですが、組織内では、それが恣意的に変化します。経営者や管理職が「聞いていない」とか「知らなかった」とか不祥事や不正があった場合に良くニュースで流れますが・・・法律の場合はダメです。「法の不知はこれを許さず」と刑法38条3項にあります。これは刑法だけ、なんてこともありませんので、労働法やPSE、電波法だって該当します。

医療機器メーカーですと品質保証部署と共に薬事(薬機)担当なんて役職があったりしますが、法律違反に気付かないのは怠慢でしょう。筆者の居た医療機器メーカーには薬事担当という人は居たようですが、医療機器以外は放置でしたし、そもそも品質保証部署なんて無かったのですが。

続いて「お客様は神様」という言葉が象徴する日本の白黒判断基準にも触れたいと思います。品質ISOにもある「顧客重視」が暴走傾向であり、その結果、「モンスタークレーマー」を産み出しています。モンスタークレーマーは金品を要求したり、土下座させるという人権問題を起こしても平気です。だって「神様」だから・・・これもブラックの神様ですね。さらに便乗しているのが経営者と営業系社員達!何かというと品質より納期で何時間でも社員を働かせます。「お客様が早くしろ、と言っているんだ!」と神か、神託者になったかのような非人間的な言動と振舞い!・・・社員は、あらゆる意味で地獄、となる訳ですね。

「ものづくり」を否定するニッポンの常識について・・・

「ものづくり=技術」系の経営者は経営がダメ!なんて言い分が強いですが、その理由として技術優先しマーケティングができない、いうもの。男女差別にも似た決めつけ方ですね。こう言わないと金融機関出身、ホワイトカラー出身の経営者の立場が無いのでしょう。マーケティングは全然、別物です。ものづくり系の経営者でもユーザーのニーズやシーズを自分の足で集めて経営判断に活かしていますし、反対に現場も市場も知らずゴルフ接待しかできないホワイトカラー系の経営者もいますよね。

話は続きます。
スポンサーサイト

応援をお願いします

プロフィール

サイトーテック

Author:サイトーテック
食品メーカーにて生産技術に携わりながら厚労省HACCP承認を経験。その後、信州・佐久の老舗歯科用医療機器メーカーで製品開発・退職。食品衛生・医療機器安全・労働安全衛生を絡めた「ものづくり」の裏方である生産技術一筋二十数年。一芸より多芸を求められる人間から見た「ものづくり」論。

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
981位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
253位
アクセスランキングを見る>>