FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有効成分が多いクスリは有益か?

歯と口の健康週間(6月4~10日)が近づいています。虫歯予防のため各地でフッ素による集団洗口や集団塗布が行われていますが、電気を使用するトレー法とかイオン導入と呼ばれるイオン導入法で使用される2%フッ化ナトリウム溶液の濃度と口に入れるトレー容量はリスキーである、ことを連載中です。

フッ化ナトリウムの経口急性毒性 ネズミの半数生存できる量 180mg/kgです。
究極の毒性のあるフッ化水素酸は20mg/kg。但し、こちらは最小致死量。ちなみにフッ化ナトリウムはフッ化水素酸にNaOHを投入するだけで簡単に生成されます・・・ので、フッ化ナトリウムは安全な物質です、と主張される方も多いですが、経口摂取して胃の中でフッ化水素酸になり人体に致命的なダメージを生じると主張する方々もおられます。
ついでに食塩の主成分であるNaClのネズミの半数生存できる量は3000mg/kgです。フッ化ナトリウムは食塩より少量で生き物の命を奪うことが化学的に説明できます。

さて薬は大量に飲むと「毒だ!」と皆さんは御承知と思います。でも「有効成分が多い(濃い)」と言われると「良く効く」と喜んでしまいませんか?

集団洗口やフッ素洗口では「フッ素は1000ppm(0.1%)以内」なので安全という根拠を示しているのですが、フッ素イオン導入器メーカーは「有効成分が2%なので20倍の効果!」として売り込みをしています。皆さんは「良く効く」と信じますか?ある意味、クスリが毒になる、と思わないでしょうか?(2%フッ化ナトリウム溶液を「薬」とは言えないと考えていますので「クスリ」と表記しています)

『厚生労働省のお墨付きが目に入らぬのかっ!』と、このメーカーでは販売を継続中です。この悪魔のような強気!筆者への悪質かつ陰湿なハラスメントと退社追い込みにも発揮された次第です。
スポンサーサイト

応援をお願いします

プロフィール

サイトーテック

Author:サイトーテック
食品メーカーにて生産技術に携わりながら厚労省HACCP承認を経験。その後、信州・佐久の老舗歯科用医療機器メーカーで製品開発・退職。食品衛生・医療機器安全・労働安全衛生を絡めた「ものづくり」の裏方である生産技術一筋二十数年。一芸より多芸を求められる人間から見た「ものづくり」論。

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
954位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
239位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。