FC2ブログ

記事一覧

追い出した部下の成果で海外旅行!

虫歯予防のため各地でフッ素による集団洗口や集団塗布が行われていますが、電気を使用するトレー法とかイオン導入と呼ばれるイオン導入法で使用される2%フッ化ナトリウム溶液の濃度と口に入れるトレー容量はリスキーである、ことを連載中です。

さて6/4投稿のプロトタイプ・・・こんな写真なら回路を組まなくても撮れるだろう、と疑う方もおられるかと思いますので、回路図もお見せしましょう。出力電流は400uA固定ですが、同じ回路を2つ、それぞれON-OFFできる仕組みとなっています。また医療機器では単一故障状態でも事故とならないように設計が必要ですので、その試験を実施した内容も記載されています。申し訳ないですが部品名と定数を書いておくと・・・「オレ様が設計した」と言い出す偉いさんがいるので、消しておきます。
フ〇リアートプロトタイプ回路図
<追記>
上記の回路図は400uA固定なのですが、左側を書き換えるとパイ〇キュアーのように出力電流を可変にすることができます。ここでパイ〇キュアー製品化にあたり設計者でないと知りえない事実が隠されているのですが、ヒミツにさせて戴きます。
<追記終>

現在、販売中のイオン導入器は「オレ様が設計した」と豪語しているものと思われますが・・・試作もしないで「神から授かった」回路図なのでしょうか?

実際にはイオン導入器(パイ〇キュアー)の製品化目途のついた時点で無理難題押し付け、不良製品の責任押し付け、部下の囲い込み、有害ガス室閉じ込め、悪口拡散などのハラスメント行為の末、筆者を退職に追い込み、現在も筆者開発品を販売しています。ついでに海外旅行まで!

このままでは個人的な問題じゃないか、と言われてしまいますので、虫歯予防に2%フッ化ナトリウム溶液の濃度は高すぎるだろう、と社会的な問題も提起させていただいております。証拠は小出しで出して行きます。
スポンサーサイト

応援をお願いします

プロフィール

サイトーテック

Author:サイトーテック
食品メーカーにて生産技術に携わりながら厚労省HACCP承認を経験。その後、信州・佐久の老舗歯科用医療機器メーカーで製品開発・退職。食品衛生・医療機器安全・労働安全衛生を絡めた「ものづくり」の裏方である生産技術一筋二十数年。一芸より多芸を求められる人間から見た「ものづくり」論。

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
981位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
253位
アクセスランキングを見る>>