FC2ブログ

記事一覧

失敗を恐れる者に明日は無い

トリマー機能付・ダウエルピン植立用穴穿孔器 クワッド○○○ミニをお使いの方でレーザー光が出なくなるものは絶縁不良品です。電源の100Vがレーザーに流れ故障するのですが、お使いの方に感電等の被害の及ぶ可能性がありますので御注意ください。安全や遵法より「思い付き」や「見た目優先」が招いた不良と言えます。原因が分かったとたん、この会社!筆者に責任を押し付けようとしてきましたが、筆者の設計ではありません。(ここまで来ると犯罪ですね)

さて現在、筆者は千葉県内を渡り歩きながら仕事をしていますが、お得意様(メーカー)は日本を代表する超有名大学卒だけでなく大学院卒の多数おられるところ。筆者の得意とする生産技術部門も旧帝大・大学院卒の方も多数おられます・・・が、何故、そういうところに田舎者の筆者の出番があるのでしょうか?

はっきり言って理論や理屈で勝負すると筆者の惨敗です。しかしながら製品開発から製品上市までの実務経験においては彼らに負けない数多くの実績があります。そのためには組織内外とのコミュニケーション能力とネゴシエーション能力も必要です。理論や理屈だけでは人や協力会社は動かせません。

信州・佐久の医療機器メーカーのように(雇用)契約や不当な圧力を利用して「人を屈服させる」ような手法はビジネスでは通用しません。そんな会社のスピリットが不良品を平気で市場に流してしまうのでしょう。ただ歯科用医療機器という極めて限定された世界では、その世界のボスに従順でさえいれば、その存在を許されるようです。

また長きにわたる不況の中で培われた日本の会社の弱みに「失敗が怖い」という部分があります。頭の中で考えたことを実現すると、当然失敗に終わる可能性もあります。失敗を恐れて「考えてばかり」の人間が会社内に増えてきてしまったとも言えます。筆者も数多くの失敗を重ねてきましたが、迅速にリカバリーをできる手を打っておくことで乗り切ってきました。こんな筆者にお引き合い戴き誠に有難うございます・・・と言いたい気持ちです。

特に・・・ですが、偉いさんになっても過去の成功談しか話せない人や、行動しない言い訳や責任転嫁を一生懸命に考える人ばかりの組織に明日は無いでしょう。
スポンサーサイト

応援をお願いします

プロフィール

サイトーテック

Author:サイトーテック
食品メーカーにて生産技術に携わりながら厚労省HACCP承認を経験。その後、信州・佐久の老舗歯科用医療機器メーカーで製品開発・退職。食品衛生・医療機器安全・労働安全衛生を絡めた「ものづくり」の裏方である生産技術一筋二十数年。一芸より多芸を求められる人間から見た「ものづくり」論。

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
業界情報
206位
アクセスランキングを見る>>